歯医者さんはまだ行かなくて大丈夫

歯医者さんはまだ行かなくて大丈夫

歯医者さんはまだ行かなくて大丈夫

歯科衛生士さんたちが皆ベテランで腕が良い

私が歯医者が苦手な理由は痛みより、何より恐怖感なんです。 昔、歯医者での治療中、緊張で視界から本当に色が消えたんです。 視界が白黒になってしまった事にパニックになり、 気がついたら椅子を倒され、酸素ボンベを口に当ててもらっていました。 貧血だったのかよくわからないのですが、歯医者さん曰く、こういう患者さんはたまにいるそうなので、酸素ボンベは置いてあるんだよ。との事でした。 それ以降、パニックになってしまった事がトラウマで歯医者に行くと余計に緊張してしまうんです。実際の痛みよりまた視界から色が消えてしまったら、、と思うと緊張して、緊張しながら麻酔の針とか打たれると、怖い、怖い、怖い、、、と感じてしまって気が遠くなったりするような気分に襲われてしまうんです。 リラックスしないと!と心に言い聞かせているのですが、親知らず抜歯や、神経までの虫歯の治療。実際はあまり痛くないはずなのに、ドキドキがドキドキを呼んでしまって緊張で身体が硬くなってしまうんです。 そのような訳で歯医者が終ると1日が終ったくらいの疲労感に襲われてしまいます。

歯医者なんてへっちゃらという人が羨ましいです。 数年前歯医者に通ったときのことです。その歯医者はけっこう評判がいい歯医者だったので、いつ行っても待合室には人が数人必ずいるほどの人気のある歯医者でした。私も評判がいいと前もって聞いていたため、その歯医者を選んだのです。

そうして初めてその歯医者で治療を受けることになったのですが、まず治療の前に簡単なアンケートがありました。歯に関するいくつかの質問に記入して答えていくものだったのですが、私はそれまで歯医者でそんなアンケートに答えたことが無かったため、すごく以外でした。アンケートの内容は普段の食生活についてや治療方法の希望などで、私はそれを書き込みながらすごく良心的な歯医者だなと感じ、これなら評判がいいのも当たり前だなと思いました。

瀬田・草津・滋賀・大津の分譲住宅や一戸建て比較情報